麹の贅沢青汁の広告について

麹の贅沢青汁の広告がインスタグラムから流れてきたので、この広告について色々と調べてみました。

なおこのサイトは広告や商品の紹介ではなく「最近誇大広告が増えてきたからな〜一応これも調べてみるか〜」という何なる興味本位から書いたものです。

まずは早速、麹の贅沢青汁の広告を見てみましょう。

これですね、今回はこの広告について色々と調べてみました。

ここら辺は別に何も思わないですね

ここも特に気になった点はないです。

はい私が最初に気になった点はここです。右側のインスタグラムを思わせるこの写真。これは本当にインスタかどうかを最初に調べます。

まずerika_hosshi89という人物がいるかを検索してみました。

んーいないですねー、どうしてでしょう。ない理由を考察してみると消したのか、インスタ風に画像を作って商品の紹介をしようとしていたのかのどちらかだと思うのですが…真相はわかんないですねー

ここも気になる点があります。左のTwitterを思わせるような写真。この人が実在しているかどうか確認しました。

いたのですが鍵垢でした。ここで注目する点は鍵垢だとTwitterではリツイートができないんですよね。なのにリツイートが1.2万もあります。ということはTwitter風に画像を作って商品の紹介をしようとしているのではないかと思いました。

最近鍵垢にした可能性もありますが写真に「#麹の贅沢青汁」と書いてあるのでこれについても調べてみた結果ヒットしなかったのでやはりTwitter風の商品紹介かと思います。

次に右の写真の2017年ミスユニバースのフード講師を務めた松尾和美さんと書かれていますが実際にそうなのか検索してみました。

この画像からは「2017年の日本代表のミスユニバース公式フード講師」しかわかりませんでした。

なので松尾和美さんについて検索してみました。

「松尾和美」と文字を打つと「松尾和美 栄養士」と出てきたのでこちらを検索してみると上記と同じ人が出てきました。この方は2017年のミスユニバースGIFU ビューティーキャンプフード講師らしいですね。

青汁ってお通じを良くする効果があるのか調べてみました。

調べてみた結果ここに書くのが長そうなのでお通じをよくする効果があるのかどうかは別に書かせてもらいます。

はいこれですね。日本のトレンド 「麹の贅沢青汁で即完売」と書いているので早速Twitterで調べてみました。

なかったですね、センシティブの設定は解除しているのでやはりないです。あとその下のやつCOVID19関連だったので最近作成されたTwitter風の商品紹介画像なのかもしれません。

Sachioもいるかどうか調べてみた結果いますが違う人でした。文字の解像度の粗さから作られた画像かなと思います。

下の Yahooのニュースに載っているかも調べてみました。「関電 75人が3.6億円相当受領」と「業界初「麹の贅沢青汁」即完売」にNEWマークが書かれてあります。

「関電 75人が3.6億円相当受領」のニュースは2020年3月14日にニュースになっていたので「業界初「麹の贅沢青汁」即完売」のニュースも同じ日か前後1日の誤差にあると予想して探してみました。

まずは朝日新聞。朝日新聞のホームページから新着記事一覧→2020年3月13日の記事一覧と見ていった結果約120記事弱あったことが判明、一つ一つ確認しましたが青汁の記事はありませんでした。

また、3月14日の記事一覧は約80記事弱、3月15日の記事一覧は約60強のニュースがありましたがやはり青汁の記事はありませんでした。

毎日新聞や時事通信なども調べてみましたが見つけきることはできませんでした。

ここは特に気になる点はないです。

次は右下の他のダイエット方法と比べても断然お得!!って書いてありますが本当にお得かどうか調べていきたいと思います。

まずA社のダイエットサプリ、わかることは初回費用1480円、4回縛りで総額2万円相当、今回は相当の誤差を±10%の金額として計算した結果19480円から23480円の間になるのではないかと思います。

次にB社のプライベートジム。なぜスポーツジムではなく ”プライベート”ジムと比べたのか。それは金額が大きいプライベートジムを持ってきて青汁が安いと思わせる広告の作りになっているからだと推測します。

プライベートジムの料金相場を調べた結果20万から30万、2ヶ月から3ヶ月の集中型のコースが多いらしいです。プライベートジムは広告の作りによる誘導に使われていると思うのでスポーツジムと比べてみましょう。

スポーツジムの料金相場を調べた結果1ヶ月9500円程度だとわかりました。また、入会手数料の料金相場を調べた結果5800円程度だとわかりました。

そして最後に麹の贅沢青汁。初回費用は980円、回数縛りはありません。しかし、通常価格12960円!(税抜き)これを税込みで計算すると14256円!(税込み)

A社のダイエットサプリ、4回縛りと書いてあることから4ヶ月と想定し4ヶ月で約21000円。4ヶ月までの1ヶ月平均額は5250円。一年間で払う金額は約6万4480円

スポーツジムは相場平均を使用して4ヶ月の計算をします。値は43800円。4ヶ月までの1ヶ月平均額は10950円。一年間で払う金額は約11万9800円

麹の贅沢青汁、縛りはないですが、基準を4ヶ月で設定し1ヶ月での金額を比べているので4ヶ月で計算すると、43748円。4ヶ月までの1ヶ月平均額は10937円。一年間で払う金額は15万7796円

また普通に食べ歩きしているのに「青汁を飲んだだけで」と書いてあります。効く効かないは後ほど説明するとして、やめたら体重は増え体型は元に戻る!というところを声を大にして言いたいです。

二回目以降から14256円をずっと払い続けなければ体型を維持できない…そう考えると恐ろしくないですか?中には「ジムだって月額9500円払わないといけないぞ!」という人もいるかもしれません。しかし、ジムでできることは大抵公園やダンベル器具などでできます。要はやめてもそれを補えるということです。ダイエットサプリや麹の贅沢青汁は補えません。よって他のダイエット方法と比べると断然お得というのは2ヶ月目までだと思います。実際、3ヶ月目からはA社の方が青汁より安くなりますからね。

ここは特に気になる点はないですね。

麹と青汁の成分は後ほど説明します。

100種類以上の酵素って本当に100種類以上入っているか気になったのでこちらも調べました。

「この青汁には100種類以上のもの酵素が入ってるんだよ!」と文がありますが、公式サイトで確認したところ青汁に含まれる米麹に100種類以上の酵素が入っているらしいです。

ということで米麹に含まれる酵素を調べてみたところ、アミラーゼ群、プロテアーゼ群、リパーゼ群の3つの群からなる酵素が含まれていることが判明、これら3つの群はどれも酵素を6系統で分けられているうちの加水分解酵素というところに位置しています。

これらの種類の数を調べると種類だけだと100種類は超えることが分かりましたが、そのうちどれを使っているのかは判明していません。ということで電話窓口で質問をした結果、メールで本社に問い合わせをしてくれとの連絡をもらったので今現在本社に確認中になります。返答があり次第、こちらに書かせてもらいます。

年齢とともに酵素が大きく減少と書いてあるので実際にそうか調べてみると「年齢とともに酵素が減少する」という画像はたくさん見つけましたが、それを裏付けるデータがどこにもありませんでした。(見つけきれなかったです)

酵素反応測度論という論を見つけたので、そちらを拝見させてもらったのですが上記のグラフの減少具合と基礎濃度と反応速度のグラフが相関関係にあるのではないかと思いましたがそれを確かめる術はなく、結果はわかりませんでした。

左上の画像はgifを写真として撮ったものなのでぼやけて見えます。また、テレビの紹介風のやつはそれが放送されていたのかどうか確かめようがありませんでした。

麹に含まれるコウジ酸についても調べてみました。

コウジ酸は1907年に麹殻発見された化合物で、水およびエタノールによく溶ける性質を持ちます。麹菌がグルコース等の糖を発酵させることによって生成されることが知られていますが、その詳しい生合成経路は不明となっています。

1975年に三省製薬株式会社がメラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える作用を有することを発見し、美白剤として開発。1988年に医薬部外品の有効成分として厚生省から承認を得ました。

動物実験で肝がんを引き起こす可能性を示唆する報告がなされたため、2003年の3月に厚生労働省の通達により医薬部外品への使用が一旦中止されましたが、開発元の三省製薬がコウジ酸の安全性を確認する追加試験を実施し、コウジ酸の化粧品としての使用は安全性上何ら問題がないことを証明しました。

このため、2005年11月2日に厚生労働省は使用中止の通知が撤回されたと同時に、コウジ酸配合化粧品(医薬部外品)の製造販売の再開が認められました。

コウジ酸の説明の一つ下の画像はシミが治るような説明をなされてありますが認められたのは化粧品として、美白剤としての有効性を確認しているだけであって食品としての有効性は未だ確認はされていません。厚生労働省の文献によると「コウジ酸を含有する医薬部外品の概要について」の「用法および用量:少量を顔面に塗擦する。少量を肌に塗布する」との記載がされています。

なのであの画像はちょっと腑に落ちないですね。

スプーン1杯1万円する麹…是非とも知りたい!ということで調べてみたところ見つからない…ということで調べ方を変えます。スプーン1杯1万円するらしいので1杯5グラムと仮定します。(麹のスプーン1杯のグラムがわからないため)200グラムだと40万円。私は200グラム40万円の麹を探しました。見つかりませんでした…

1杯10グラムと仮定しなおして計算すると200グラムだと20万円。もちろん200グラム20万円の麹探しましたよ…けど見つからないんです。

なので現段階で存在する最高級の麹を探しました。探した方法は価格.comというサイトで値段を一番高いやつで設定し探し、国産米麹粉末1キログラム×4個 18252円でした。私の検索力では見つけきることはできませんでした。

100種類以上入っているらしい酵素の種類がわからないため代謝に関しては何も分かりません

スーパーフード「スピルリナ」とはよくわからないため調べてみました

スピルリナとは、藍藻綱ユレモ目アルスロスピラ属の微細藻類の通称らしいです。真正細菌のことです。簡単な網で昆虫やカエルなどを除去しスクリーンフィルター(ろ過)で脱水し、スラッジを乾燥させた後、機械で砕いて粉末にします。その後に粉末状で瓶詰め、また打錠機により錠剤として販売するというのがスピルリナの食品としての生産過程です。多分粉末にするまでの工程は麹の贅沢青汁と同じだと思います。天然青色色素としても用いられます。

乾燥したスピルリナはタンパク質を豊富に含み、ビタミン、ミネラル、食物繊維、クロロフィルなどを含みます。中でもカロテノイド形式そのβ-カロテン、ゼアキサンチンを多く含み、その抗酸化作用が注目されておりスーパーフードとして商業的に販売されています。

しかし、国立健康栄養研究所は、ヒトでの有効性について信頼できるデータはなく、妊娠中や授乳中の安全性については十分な情報がないと発表しています。詳しくは健康食品の素材情報データベースを見てみてください。

そもそもこの麹の贅沢青汁の原材料とその成分を知らないので調べてみました。

聞き慣れない原材料が使われているので調べてみると

殿粉分解物とはオリゴ糖の高分子成分とデキストリンの低分子成分を高含有することを特徴とするもので、分解して得られるものはオリゴ糖、デキストリンなどと称されるものがあります。

オリゴ糖とは低粘度で、独特の風味を有さないため甘味料や味質調整などに用意られます。

デキストリンとは甘味度が低く、飲食物の甘味を大きく変化させることがないため、飲食物の増量剤や炭水化物源等として、多くの飲食に用いられています。

還元麦芽糖とは澱粉を原料として造られる低カロリー甘味料のことです。

グルコマンナンとは針葉樹の細胞壁や蒟蒻芋に多く含まれる水溶性中性多糖のことです。

ケール粉末とは地中海沿岸に生育しているアブラナ科の植物を粉末にしたもので、栄養価が豊富に含まれていることから野菜の王様とも呼ばれています。

殺菌乳酸菌末は名前の通り殺菌された乳酸菌を粉状にしたものです。現代では乳酸菌は「生菌」か「死菌」かは関係なく効果を発揮すると言われています。

トレハロースとは天然糖質で、トレハオースとも呼ばれています。

増粘剤(プルラン)とは水飴を含む培地で微生物を培養することによって得られる水溶性の多糖です。結着力がよく造膜性に優れています。

これらの原材料が含まれているので栄養もバッチリ取れると思ったのですが1日2袋、計6グラムしか摂取できないんですよね。6グラムで賄える栄養は限りがあるので結果この青汁以外にもしっかりと野菜は摂らないといけないです。

伊藤漢方製薬株式会社が「100% 大麦若葉 100g」という商品の3グラムあたりで表示していたのでそちらを参考にさせていただくと、カルシウムは大麦若葉6グラムで18ミリグラム含みます。

これは20〜30代の女性が1日に必要なカルシウムの2.5%から3%しか摂取できないんです。なので野菜もしっかりと取りましょう。

大麦若葉にはカルシウムがほうれん草の7倍と書いてあるので調べてみました。

日本食品標準成分表の野菜類から「ほうれんそう 葉 通年平均 生」と書いてあるところの成分を見てみると可食部100グラムあたりのカルシウムは49ミリグラム。

伊藤漢方製薬株式会社が「100% 大麦若葉 100g」という商品の3グラムあたりで成分表示していたのでそちらを参考にさせていただくと9ミリグラムだったので×33.3で計算して299.7ミリグラムという数値が出ました。倍率の計算をすると約6.1倍となりました。

よって上の文に説明文を付け足すと「大麦若葉にはカルシウムがほうれん草の7倍(に近いがほうれん草と大麦若葉どっちも100グラムだった場合に限る)」となります。

次に鉄がほうれん草の35倍と書いてあるので調べてみました。

日本食品標準成分表の野菜類から「ほうれんそう 葉 通年平均 生」と書いてあるところの成分を見てみると可食部100グラムあたりの鉄は2ミリグラム。

伊藤漢方製薬株式会社が「100% 大麦若葉 100g」という商品の3グラムあたりで成分表示していたのでそちらを参考にさせていただくと0.7ミリグラムだったので×33.3で計算して23.3ミリグラムという数値が出ました。倍率を計算すると約11.7倍となりました。

なぜこんなに倍率が違うのか私にはわかりませんでした。あとほうれん草の鉄めっちゃ少ないですね。

最後に食物繊維がキャベツの11倍と書いてあるので調べてみました。

日本食品標準成分表の野菜類から「キャベツ 結球葉 生」と書いてあるところの成分を見てみると可食部100グラムあたりの食物繊維は1.8グラム。

伊藤漢方製薬株式会社が「100% 大麦若葉 100g」という商品の3グラムあたりで成分表示していたのでそちらを参考にさせていただくと1.64グラムだったので×33.3で計算して54.6グラムという数値が出ました。倍率を計算すると約30.3倍となりました。

なぜこんなに倍率が違うのか私にはわかりませんでした。

なお、これらはそれぞれの野菜と大麦若葉を同じ100グラムで比べた結果です。一度に摂取できるカルシウムの量がほうれん草の7倍とか、鉄の量が35倍という意味ではありません。

最後に「『野菜の王様』ケールが入っているの!牛乳の2倍のカルシウムがとれて〜」と書いてあるので調べてみました。

日本食品標準成分表の野菜類から「ケール 葉 生」と書いてあるところの成分を見てみると可食部100グラムあたりのカルシウムは220ミリグラム。

また、日本食品標準成分表の乳類から「普通牛乳」と書いてあるところの成分を見てみると可食部100グラムあたりのカルシウムは110ミリグラム。倍率を計算すると2倍となりました。

倍率が同じやつがやっと出てきました。

先ほどケールを調べたときにビタミンAがたくさん含まれていたので特に気になる点はありませんでした。

この画像は一つ前の画像から気になるところの画像があるところまで飛ばしました。(しばらく特に気になる画像がなかったため)

そして気になるところを見つけました。「このページ経由で購入される方 200名限の定キャンペーンなんです!(残りの個数は、リアルタイムで更新されるみたい)」というところです。

残り個数が増えたり減ったりしてますね。あとこの青汁のサイトを開いた瞬間にキャンペーン終了までの時間が絶対に2時間になるんですよね。これもどうしてでしょうか。そして必ず自分の他に20人がこのサイトを見てて残りの数が必ず10個になるんですよね。

ということなので残りの個数は本当にリアルタイムで更新されているのか自分なりに調べてみました。

このサイトを開いたらキャンペーン終了までの時間が絶対に2時間になるということがわかっているのでそこから残り時間が何秒で残り個数が一つ減るのかを計測し、それを5回繰り返してみました。

5回計測した結果、5回とも1時間59分29秒で残り9個、1時間58分55秒で残り8個、1時間58分19秒で残り7個、1時間57分59秒で残り6個になりました。

なんか「無くなるから早く買え」という急かしているのが伝わってきますねこれ。

「そんな証拠どこにあるんだ!」という声がかかれば動画をここにあげたいと思います。

そして気になるところまで飛ばしました、news 24でテレビの影響もありと書いているので本当に紹介しているんだろうと思ったんですが、Twitter風の商品紹介やインスタ風の商品紹介があったのでこれも一応調べてみましたけどないんですよね

「news 24 麹の贅沢青汁」「麹の贅沢青汁 テレビ紹介」というワードで調べてみましたがやはりありませんでした。

そして最後にこれです。「このページを閉じてしまうと2度と開けませんのでご注意ください」という文章

確認しましたがこのページを閉じても開けます。2度と開けないということはありません。

「どうしようかな〜買おうかな〜と迷っているところに、決められた秒数で残り個数が減る表示と『このページを閉じたら買えなくなる』という急ぎたてのダブルパンチ!」

こういうのに惑わされずにしっかりと考えて購入しましょう。

以上が今回の広告を調べてわかったことになります。今回一番びっくりしたのはリアルタイムと謳っていたのに決められた秒数で減っていくというところでしたね。

ITパスポート試験とは?実施要項 勉強時間 合格率 など

ITパスポート試験とは

ITパスポート試験とは、平成21年度より新しく創設された情報処理技術試験で、経済産業省が認定する国家試験です。

IT関連の仕事に就く人に必要となる情報技術に関する基礎的な知識を備えているかを測ります。

また、ITパスポート試験は別名、iパスとも呼ばれITを活用する社会人や学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できます。

 

ITパスポート試験の実施要項

試験時間120分
出題数100問
出題形式四肢択一
試験方式CBT方式
受験資格特になし
配点1000点満点
採点方法IRTによる算出
合格基準総合評価点が600点以上/1000点
かつ分野別配点が
ストラテジ系 300点以上/1000点
マネジメント系 300点以上/1000点
テクノロジ系 300点以上/1000点

試験時間と出題数

試験時間は120分で出題数は100問となっています。

1問あたり1分弱(72秒)と問題数に対し回答時間が短いように感じますがしっかりと勉強して試験に臨むと結構時間は余ります。

しかし計算問題もあるので、油断すると思わぬところで時間を使うので注意しましょう。

出題形式と試験方式

出題形式は四肢択一で採点方法はCBT方式となっています。

CBT方式とはコンピュータを利用して実施する試験方法で、今回のITパスポート試験はマウスで選択する形式となっています。

一度も CBT方式に触れずにぶっつけ本番で試験を受けると戸惑って力を出しきれない可能性もあるので、一度はCBT方式の画面を見て受けた方がいいかもしれません。

受験資格

受験資格は特にありません。そのため誰でも受けることができ、累計応募者数は平成30年には97万人もの人たちがITパスポート試験を受験しています。

配点と採点方法

配点は1000点満点となっていて、採点方法はIRTによる算出となっています。

IRTとは(Item Response Theory・項目応答理論)と呼ばれ、問題ごとに配点が違い解答結果から評価点を算出する方法となります。

出題数が100問で1000点満点なので1問10点と思われるかもしれませんが、出題数100問のうち総合評価は92問で残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます。

またその8問は100問あるうちのランダムな場所に仕分けられていてどれが採点されていない問題なのかはわかりません。

なので最後の8問は解かなくても点数にはならない。と言うことではありませんのでしっかりと最後の問題まで解くようにしてください。

合格基準

合格基準は総合評価点が600点以上/1000点かつ分野別配点がそれぞれ300点以上/1000点となります

詳しく説明すると、例えば試験を受けて総合評価点が800点だとします。そのうちストラテジ系が300点満点として200点を取ったとしたら300:200=1000:X と比率で求めることができるのでXは667点となり、ストラテジ系の分野別評価点は667点という風になります。

なお、ストラテジ系を300点満点と仮定した理由は総合評価点は1000点満点と決まっているのですが分野別評価点はIRTによる算出方法により、テストによって満点が違ってくるためです。

ITパスポート試験を受けるメリット

ITパスポート試験を受けるメリットとしては企業に一定水準のITの基礎知識を持っていると証明でき、就職で有利になるのが大きなポイントです。

ITの基礎知識がない人がPCなどの操作を担当すると、してはいけない作業までしてしまい会社に損害を与えるケースがあります。

例えば企業で知らない人からメールが届き開いたらウイルスに感染した、個人情報の取り扱いが正しくなく第三者に情報が流出した、社員の正しくないSNS利用で評判が悪化した、など基礎知識がないと様々な障害が発生します。

ITパスポート試験の勉強をすることによってこのような事態を未然に防ぐことができるため何も資格がない人よりITパスポート試験を持っている人が就職に有利になります。

しかし、情報系の企業に就職するにはあまり有利ではありません。

なぜなら、ITパスポート試験合格レベルの知識は持っていて当たり前だからです。またIT系の職種に転職する際にも同じく有利ではありません。ここで求められる知識は基本情報処理試験や応用情報処理試験などのITパスポート試験の上位試験に当たる資格ではないと有利になりません。

なのでIT系の職種に就職したいと言う方は基本や応用情報を目指すためにITパスポート試験を取るのもいいかもしれません。

 

ITパスポート試験の難易度・勉強時間

ITパスポート試験はITに関する基礎知識なためそこまで難易度は高くありません。情報系の知識がある方は40時間前後と言われています。知識がない方は100時間から150時間かかると思います。

多少は計算問題はありますが複雑な計算問題はなく暗記量で勝負できるので時間さえかければ合格はできます。

 

合格率

合格率は現在最新のデータだと社会人が合格率62.3% 学生が45.0% 合計平均が54.6%となっています。

 

ITパスポートの試験日・試験会場

試験日は◯月の◯日みたいな日程はありません。いつでも受けられますが受験の申し込み期間は3ヶ月前から前日までとなっています。

勉強して自信を持ったら受けるという形が合格しやすいと思いますがだらけてしまうケースもあるので先に受験日を決めるのもいいと思います。

また試験会場はいくつか会場がある中自分で決めることができます。

しかし会場によっては他の会場は受けれるけどここの会場は受けれないなど試験が可能な日程は会場ごとに違うので確認していきましょう。

 

試験後の流れと合格発表

パソコンで試験を受け終わると画面に自分の合否が表示されます。2ヶ月後ぐらいに公式サイトに合格発表が表示された後、約1週間後に合格証書が自宅に配送されます。